HOME
コスト削減のための「賃料交渉術」

賃料は下げられない、という固定概念はありませんか?

コスト削減を考える場合、まず最初に思い浮かべるのは
人件費の削減(=リストラ)ではないでしょうか?
しかし、人件費を削減することによる損失は計り知れないものがあります。
一時的な効果は望めるかもしれませんが、長期的な視点で見ると決して得策とはいえません。

そして、もうひとつの大きな固定費が賃料です。
『賃料は下げられないもの』という固定概念があるため、賃料の適正化にはまだまだ目を向けられていません。
しかし、賃料を適正価格に変更することは可能です。

家賃・賃料を適正価格に変更するためのアドバイスです。
大切なことは、賃料のついての知識を得ること、行動を起こす勇気を持つことです。

事前準備をしっかり行うことが、賃料適正化への近道です

賃料交渉に必要な資料とは?

賃料交渉に必要な資料とは?

減額請求は謄本、公示価格などの資料をもとに、きっちりとした分析と調査が必要です。

不動産鑑定書とは?

強力な武器

鑑定書は必須ではありませんが、交渉時にあると大きな武器になります。


適正賃料の求め方

適正賃料の求め方

賃貸物件の価格や経済事情の変動から求める方法が一般的です。

賃料交渉の共通認識をもつ

賃料交渉の共通認識をもつ

経営陣の共通認識と意思統一が賃料適正化の成果を大きく左右します。


賃料交渉の目的と効果

賃料交渉の目的と効果

なぜ、賃料の減額請求をするのか?を真剣に考えることが効果をあげる第一歩です。


賃料減額交渉の時期

賃料減額交渉の時期素早く行動する

賃料減額交渉には、素早い取り組みで機会損失を防ぐことが必要です。

賃料減額交渉の進め方

賃料減額交渉の進め方

100%確実な方法は存在しませんが、貸主側が分かりやすい資料を準備することがカギとなります。


ページの先頭へ

  • 適正賃料とは?
  • コスト削減のための「賃料交渉術」
  • 「店舗開発」と「賃料減額」
  • 無料診断書の役目
  • 外注選びのポイント
  • 契約管理110番™