HOME
店舗開発と賃料減額は役目が違う

店舗開発と賃料減額は役目が違う

経営者の皆さまへ

「出店時の賃料交渉が十分ではないため、賃料減額が可能になっている」



それは大きな間違いです!


出店戦略の役割と責任

店舗開発者の主な業務

  • 新規出店の調査・売上予測・渉外を行う
  • 店舗物件の契約更改を含めた中長期の出・退店計画を策定

賃料減額だけに時間を割くと大きな機会損失となり、出店計画に影響を与えてしまう。

賃料改定への誤解

物件の賃料減額が成功した場合でも、
出店時の交渉が足りていなかったということではありません。

例えば…

  • 好立地物件の場合、交渉を続けることで競合他社が参入し、
    競り合いの末、かえって賃料が増額してしまうケースもあります。

店舗開発者は、会社の意向に沿った出店計画で優先すべき事項を行った結果であり、賃料にばかり固執してしまうと大きな機会損失を招いてしまいます。

賃料の削減には、きちんとした資料を揃え、理論武装した状態で交渉に臨むなど、多くの時間を割いてしまいます。

賃料改定業務は、安易に行えるものではなく、しっかりとした準備が必要になります。

店舗開発と賃料減額は、それぞれ優先順位の違いがあることを理解し、タイミングを図りながら最善の策を打っていると認識すべきです。

認識を合わせる

ページの先頭へ

  • 適正賃料とは?
  • コスト削減のための「賃料交渉術」
  • 「店舗開発」と「賃料減額」
  • 無料診断書の役目
  • 外注選びのポイント
  • 契約管理110番™